Willcom

DebianでAirH"接続

どこでもWi-Fiと無線LANがあれば無線LANの設定だけでAirH"も使えるのですが、せっかくNS001Uがあるので直接つないでみます。

接続にはpppdが必要なので設定ツールとともに以下をインストールする。
#apt-get install ppp pppconfig pppstatus

まずは設定から。うちの場合niftyなので以下のようにします。
# pppconfig
プロバイダ名: nifty
Number: 0570570710##64
User: ISPのユーザ名
Password: ISBのパスワード
Speed: 115200
COM:
Method: PAP

設定が終わったら実際に接続してみましょう。
# pon nifty
niftyはpppconfigで設定につけたプロバイダの名前です。
ちなみに切断するときは
# poff
で設定名は不要です。

ちゃんと接続されているかは、
$ pppstatus
で見てみましょう。
ちなみにjfbterm上でpppstatusを起動すると一部文字化けしているのでjfbtermを起動していない仮想コンソール(Alt+F2など)で起動しましょう。

参考までにGWに宇都宮で接続したときは最高でも100kbpsくらいでしたが、東京の自宅では200kbpsくらい出ていました。
このくらいの速度がでると、意外とストレス無く普通に使えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)