書籍・雑誌

電子出版の新しい形

最初にニュースを見たときには率直に驚きました。
私は、紙ベースの出版では原作者さんから編集さんや印刷業者、卸業者、小売業者などの多くの人の手を経て我々の手元に届くため、中間の方の取り分を考えると薄利多売になりがちな構造ではないかと常々思っておりました。
そのような経緯もあるので、既に連載が終わったマンガを増刷したり、出版社の意向と関係なく自分が書きたいものを書いて出版してみたりという至極簡単に見えることもできないという話もなにかの記事で読んだ覚えがあります。
さらに、P2Pなどに代表されるマンガの違法流出は一度流れたらしぶとくネットワーク上に残りつづけ、それを排除するために必要以上に厳しい法規制がしかれ(そうになっ)たり、規制されるからマンガは読まない、読まないからマンガが売れない、というような悪い方向に流れているように思います。

そんな中、今回のニュースです。漫画家さん自体が「ネットワークでの流通/流出を前提として、広告をつけた作品を流して広告収入を得る」というものです。
これが無名な漫画家さんだったりすると、作者には失礼ですがコンテンツの魅力としてはいまいちになってしまいがちなのに、超有名マンガの原作者が主導で動いているとなると話はだいぶ違ってきます。
一部には揶揄する声もあるようですが、私は可能性の一つとしてぜひ応援していきたいと思います。

ちなみにその超有名マンガは全巻もって「いました」が、現在の自宅に引っ越す際に泣く泣く処分した本(結構大量にあった)の中にも含まれていました・・・。
電子書籍なら場所もとりませんので、全巻ダウンロードしちゃいたいと思います。

http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のはなしさん


のはなし、シリーズは伊集院さんのエッセイ集です。
ラジオを聞く人には言わずもがなですが、基本的には過去に携帯サイトで連載していた記事に加筆して書籍化したものです。
しかし伊集院さんとしては以前書いたものをそのまま出すという事ができないらしく、毎回七転八倒しながら締め切りと戦っている様子が伝わってきます。
その分我々ファンとしてはとても楽しめる内容になっており、伊集院さんの考え方に共感する人には文句なく楽しめるとおもいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)