« 2010年6月 | トップページ | 2010年11月 »

小型無線LAN


2~3年程度以内のノートPCには標準で無線LANが内蔵されていることも多いと思います。
家人のノートPC(工人舎SH6)にも標準で内蔵されていたのですが、以前から電波の掴みが悪いという文句がでていました。
主にリビングで使うノートなのでリビングで電測してみると、どうもご近所さんのチャネルと競合しているらしいという事が分かり、無線AP側のチャネルを変更してみたり、AP自体をハイパワーのモデルに変更したりしてみました。
結果、自宅の殆どの無線LAN機器で劇的な改善がみられ、リビングでも快適にネットが使えるようになりました。
ところが!!問題の家人のノートPCでは全く改善がみられませんでした。
更に調べていくと、どうやら頻繁に無線リンクが切れているようです。
ドライバや接続クライアントを(チップベンダの)最新に更新しても状況が変わらず。
ハードの故障の可能性が高くなってきたので、いっそ内蔵の無線LANはOFFにして外付けを使おうという事にしました。
そこで調べてみると、超小型の無線LAN子機がいくつかある中で、AmazonさんのFFPというシリーズ(というかOEM?)で激安を見つけました。
PLANEXなので中身はおそらくRalink製チップが乗っているのでは、、、という感じですが、まぁ試してみて上手くいけば良し、ダメでもあきらめがつく金額だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイルルータ


古いPCにLinuxやBSDを入れて使う場合に必ずつまずくのが無線LANの設定です。
ネイティブドライバがあるものは比較的簡単に、ndiswrapperでWindows用ドライバを入れられるものもそこそこ簡単に使えるようにできると思いますが、そうは言ってもなぜかうまくいかない事が多々あるのも事実です。
ドライバが動かない場合、無線の設定がうまくいかない場合などなど。。。
一番手っ取り早いのが有線LANでの接続ですが、有線だとPCを使う場所が限られてしまいます。デスクトップならともかく、ノートPCで使う場所が限定されるのはもったいない。
そんなときに有効なのが有線LANから無線LANへのコンバータです。
コンバータ側で自宅などの無線LAN APとの接続設定をしておけば、PCとコンバータを短い有線LANで接続するだけで無線LANが使えるようになります。
応用編として有線LANしか内蔵していない液晶TV(うちのAQUOSも)などを無線LANにつなぐことも可能です。

従来はそこそこの値段がしましたが、Amazonさん限定だと3000円弱で手に入るようです。
しかもスイッチでコンバータだけでなくルータやAPとしても使えるらしい。
私はWiMAXのルータを持っているので必要ありませんが、コンバータ以外にも使い道があるのはいざというときにも便利ではないでしょうか。
PCMCIAカードやUSBドングルよりは大きいとはいえ、かなり小型なので電源を本体のUSBから供給してあげればノートPCと一緒に持ち歩くことも十分許容範囲です。

このお手軽さがあると、無線LANの設定で悩むのがアホらしくなるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオはアナログでAMがいい

ブログネタ: ラジオはAM派? FM派?参加数拍手

私は小学生の頃からラジオが好きで聞いています。
当時の私は洋楽に興味がなかったので、よく分からない洋楽や英語の放送ばかり流すFMは好きではありませんでしたが、日本の歌謡曲や後のJ-POPのエアチェックにはFMは欠かせませんでした。
ただ、それよりも圧倒的に長い時間を聞くのが、AMのバラエティ番組でした。
電波の入りが良くなる夜になると、部屋の片隅のラジカセでアナログチューナの周波数を少しずつ微妙に動かして人の声を拾い、時報までまってどこの放送局か(○○放送が××時をお知らせします)突き止めるのが趣味でした。
近距離しか届かない超短波のFMと違って、中波のAMは遠距離の放送局の電波を拾えたからこその楽しみです。
そうしてお気に入りの局と番組を少しずつ増やして、雑音の中から音を拾うのが楽しかったのです。
今思うとドMですね・・・。

今もよく聞くのはTBSラジオ、文化放送、日本放送ですが、TBSラジオ以外は今でもノイズ入りです。(東京の自宅にて)
デジタルラジオはクリアな音で復旧してくれたら嬉しいと思っていた事もあるのですが、デジタルの弱みは電波が弱くなると「全く聞けない」という事です。
ノイズ混じりでもかろうじて聞ける、というあのラジオの楽しみが味わえないのです。

またFM放送は多少は洋楽の知識が入った今でも、よく分からない洋楽や英語混じりのDJが中身の薄いトークをする、という印象がぬぐえず、深夜のクラシック番組くらいしか聞きません。
もっとバラエティ色が強くなってくれれば、音質がきれいなFMはもっと聞きたいと思うようになるかもしれません。
あとは何より、自宅でアンテナをめいっぱい伸ばさないと入らないFMよりも、アンテナをたたんだ状態でも受信できるAMの方が、家人に文句を言われずすみますね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年11月 »