« ServerMan@VPSの初期設定その1 | トップページ | GarageBandで初録音 »

CentOSでSubversionを使う(http)

事前準備
# yum install subversion mod_dav_svn

まずapacheの設定を変えます。ちょっとDebian風味。
# addgroup www-data
# adduser www-data -g www-data

/etc/httpd/conf/httpd.conf

User www-data
Group www-data

<IfModule mod_userdir.c>
    UserDir public_html
</IfModule>

■Subversion設定ファイル
/etc/httpd/conf.d/subversion.conf
に以下を追記。

<Location "/svn">
        DAV     svn
        SVNParentPath   /var/svnrep ← Svnリポジトリのトップを指定
        AuthzSVNAccessFile      /etc/subversion/svnaccess ← アクセス指定ファイル
        AuthName        "realm"   ← レルムを指定
        AuthType        Digest  ← ダイジェスト認証を使う
        AuthUserFile    /etc/httpd/.htdigest  ← ダイジェスト認証の設定ファイルを指定
        Require         valid-user
</Location>

■ダイジェスト認証のユーザ設定
# htdigest -c /etc/httpd/.htdigest 'realm' username
-cオプションは設定ファイルを新規作成します。
後からユーザを追加する場合は、
# htdigest /etc/httpd/.htdigest 'realm' username
としないと設定ファイルが消えてしまいますので要注意。

■Subversionのアクセス設定ファイル
/etc/subversion/svnaccess

[groups]
admin = username
developer = username
tester =

[/]
@admin = rw

[tools:/]
@developer = rw

こんな感じ。toolsはsvnリポジトリ。グループは@を頭につけます。

■リポジトリをつくる
# svnadmin create /var/svnrep/tools

設定ができたらapacheを再起動する。
$sudo /etc/init.d/httpd restart

|

« ServerMan@VPSの初期設定その1 | トップページ | GarageBandで初録音 »

Linux」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/676/48552689

この記事へのトラックバック一覧です: CentOSでSubversionを使う(http):

« ServerMan@VPSの初期設定その1 | トップページ | GarageBandで初録音 »